• ホーム
  • 私たちが大切にしたいこと
  • リフォームメニュー
    • Francリフォーム
    • Re:ma
    • co.co\kabe
    • Franc System
    • Universal
    • Exterior
    • Franc design
  • ギャラリー
  • リフォームコース
  • メディア・受賞
  • お客様の声
  • 会社所在地
  • 代表者の声
  • スタッフ紹介
  • お問い合わせ

私たちが大切にしたいこと

暮らしのデザイン

新しい暮らしの「ものがたり」

リフォームが目指すべき«暮らしのデザイン»とはどういうものだと思われますか?
リフォームの基盤は今までの暮らしであり、その出発点は住まい手の状況の変化や未来への想いです。充実した趣味生活やシニアライフを送りたいという夢や希望の実現、地震が心配、部屋が狭い、段差が心配という住み心地の改善、さまざまな動機があります。

あるいは中古住宅を購入してという場合もあります。私たちは、住まい手がそこに長く生活する空間、その住まい手の身体になじむ、その人にとって特別な、心落ち着く空間を、職人の手仕事のように、ひとつひとつ、住まい手と一緒に創造していきたいと考えます。

現代のリフォームでは、<見た目を流行に合わせてデザイン>すること、<ローコストにデザイン>すること、そういったことばかりが強調され、注目されてしまうように思います。しかし、それは、私たちが真に目指す仕事ではありません。当社では、耐震、温熱環境、バリアフリー、劣化対策といった暮らしの質に関わるフィジカルな機能の向上を徹底的に追及しています。また、住まい手ひとりひとりの生活スタイル、動線を考えた間取りの実現を目指します。暮らしを見据えたデザインは、
結果的に美しく、人に優しい、自然と体になじむデザインでも
あるはずです。
また、そうしてデザインされた家に長く住んでいただくための
アフターケアを行い、地域に密着した維持管理のサービスを
展開しています。

わたしたちのリフォームが目指すもの、それは、新しい暮らし
の「ものがたり」をスタートさせる住まい手に対して、生活に
とことんこだわった、«暮らしのデザイン»を末永くご提供する
ことなのです。

pagetop

耐震性向上

安心な住宅

地震大国である日本、私たちの住む町もいつ危険におそわれるかわかりません。わたしたちの身体も日頃から健康管理に心がけ、体調万全!でいたいものですが、同時に家も常に「健康!」でなければなりません。もしもの時の被害を最小限にするため、ご予算と目標に合わせた補強のご提案をさせていただいております。

「耐震はリフォームの目的じゃない!!」というお客様もいらっしゃるかもしれません。しかし、お客様ご自身に家の健康状態を知っていただくことはとてもとても大切なこと。しっかりご説明させていただくのは当社の大切な仕事だと考えています。補強工事は表に現れない下地部分で施されることがほとんどです。そのため、リフォームをするタイミングで家の健康診断をし、適切な補強を施すのが最大のチャンスなのです。

一般診断の場合の耐震工事の流れは、

1.当社独自の耐震診断にもとづく非破壊の事前調査を実施し、大まかな要補強部位を予測
2.事前調査をもとに補強方法を検討、予算案を作成
3.耐震診断による予測内容と照合しながら解体工事を実施
4.解体の結果から事前調査によるプランの微調整を行い、補強を進めていく

というものです。

当社では『日本建築防災協会・木造住宅の耐震診断と補強方法』を参考に、
さまざまな角度から補強方法を検討し、設計をすすめています。
その他、伝統工法のなど特殊な建物は精密診断や、限界耐力計算なども
必要に応じておこなっております。
詳しくは、お問い合わせください。

pagetop

省エネ

エコな住宅

毎月の光熱費を見たら、「予想以上に高額でびっくりした!」なんて経験ありませんか?
家の性能が悪いせいで、エネルギーを無駄に使っていることが原因かもしれません。エネルギーの無駄遣いは、お財布にも、地球環境にもやさしくありません。エコな住宅では、光熱費の軽減だけではなく、家の中の極端な温度差も緩和され、特にお年寄りの身体への負担も減り、家族が健康に暮らせるということもわかってきています。

私たちは、財団法人 建築環境・省エネルギー機構「自立循環型住宅への設計ガイドライン」を基準として、その家が利用出来る自然エネルギーの要素を把握します。
例えば、間取りの工夫ひとつで、太陽光を取り入れ、明るさを調整できますし、風通しもよくなり、温度や湿度が改善されるということです。また、断熱性能の向上させることは効果的です。断熱にあたり、
費用対効果のバランスもご説明させていただきます。必要に応じて、
Q値計算、結露計算なども行います。

断熱の基準としては、長期優良住宅の適合レベルとして国が
推奨する、「次世代省エネルギー基準(Q値=2.7 W/㎡K以下)」
を推奨させていただきますが、この数値以上の設計を行うこと
も可能です。
まずは、住まいの断熱性能がどの程度なのかをわかりやすく
表にし、数値でお見せするようにしています。

pagetop

アフターメンテナンス

地域密着の理由

当社では、申し訳ありませんが、設計から施工までのご依頼は主に奈良県中南和地域に、設計のみのご依頼は奈良県全域に限らせていただいております。※詳しくはお問い合わせください。

それは、住まい手がお困りのときにすぐに駆けつけられる«地域密着型の会社»でありたいと願うからです。「施工後からが本当のお付き合い」という理念で、工事の半年後・1年後の当社独自の定期点検、最高10年の保証などアフターサービスにも力を入れます。

ご要望に応じて住宅診断、住宅履歴の作成も行います。
住宅診断とは、住宅の劣化状況などコンディションを調査することです。
住宅履歴とは、家の«血統書»のようなもの。その家の歴史や情報を詳細に記録
しておくことが家の価値を高め、メンテナンスや将来の改築にも役立ちます。

また、地域相談会やリフォーム勉強会も開催しており、地域の皆様に
リフォームのことをもっと知っていただき、«地域とのきずな»を
深めていきたいと考えています。